トップページ


TOP   ABOUT US   USED加工裾上げ   ウネリ加工裾上げ   ジーンズリペア   リサイズ   ORDER    BLOG   MAIL


 
糸画像  
「ポリエステル糸」は強い。 ⇔  「綿糸」は風合いが良い。
この糸の特性について当店ではちょっとしたこだわりを持っています。
裾上げではデニム生地が何重にも重なり、ステッチ糸に強いテンションが
かかります。
これには綿糸では強度が足りないので「コア糸」という物を使っています。
コア糸とはポリエステル芯の表面をコットン繊維でコーティングするという
特殊な構造を持った糸で、強さと風合いを合わせ持った頼もしい奴です。

一方リペアではヒザや太もも、お尻部分など穴が開いたり弱った部分を補強
するタタキ縫いに「綿糸」を使用します。
直接肌にあたる事が多い個所なので風合いと共に肌触りも重要だからです。
糸の質感自体に魅力があり、デニム生地によく馴染みます。
                                                                          




inserted by FC2 system