トップページ


TOP   ABOUT US   USED加工裾上げ   ウネリ加工裾上げ   ジーンズリペア   リサイズ   ORDER    BLOG   MAIL



『USED加工裾上げ』のご紹介ページです。
画像と共に説明させていただきます。    
 
裾画像

裾上げ時に出たウネリの凹凸に対して一つ一つグラインダーでアタリを付けつつ、谷間部分
にも若干の色落ちを施します。
ウネリとウネリの間は基本的に1p前後で、ランダムに狭い間と広い間が交ざることで
自然で美しい裾になります。

料金は税込みで2,000円です。




裾画像




  裾画像
 このように丈は上げずにUSED加工のみという御注文も多いです。料金は変わらず2,000円です。




  裾画像
  裏側にもしっかり手をかけるので、ロールアップでも足もとが引き立ちます。




裾画像
基本的な折り返しの幅は1p位にしています。
ユーロブランドやレディースジーンズで1,5pや2pと、幅の太いデザインの物はオリジナルに合わせた
加工を行います。 その他、ご希望があれば柔軟に対応いたします。
ステッチはシングルですが、裏側は微妙に色目の違う糸を2本使いにして、ステッチのボリューム感と
立体感を表現しています。




                                                                                                                   







裾画像
このようにハーフ丈、ショート丈にUSED加工裾上げも もちろん大歓迎です。


裾画像
作業時間の都合上、平置きで裾幅が30cm以上(ぐるっとで60cm以上)になりますと
作業料金を3,000円とさせて頂きます。




                                                                                                                   


































  裾画像
  LEEなどに見られる左綾デニムはウネリが出にくいという性質があります。
  当店では、左右逆方向にウネリを付けることによってUSED加工に成功しました。
  下が左綾デニムです。




                                                                                                                   






ジーンズの色が薄くなる程、アタリの濃淡の差が小さくなる
ため、色の薄い部分に染料で色を付ける場合がございます。

あまり濃くすると不自然になるので、色の加減が難しいです。





















                                                                                                                   




















  ご注文の流れ      




  加工裾上げのご注意

  極薄手のデニム、伸び率の高いストレッチデニムは「ウネリ」が出づらいため仕上がりの凸凹感が弱く
  なる事があります。

  ステッチはシングルステッチ(裏側は糸2本使用)での仕上げとなります。






inserted by FC2 system